特集

がん・白血病乗り越え歌うSatokoさん

更新日:

全国の病棟を回る活動など精力的に

西東京市に暮らす歌手・Satokoさんは、全国のこども病棟などを回り、歌で励ます活動を続けています。

また、自ら人々が集まる場を作るほか、声がかかればできるだけ出かけ、ピアノやギターを弾きながら、歌謡曲、ボサノバ、オリジナル曲などを披露しています。人前で歌う機会は、今では年間100日にものぼるそうです。

まずは、そんなSatokoさんの歌とコメントをお聞きください。

15秒動画

35歳のがん発病が転機に

Satokoさんがこのように精力的に歌う背景には、実は、ご自身の病気があります。発覚したのは2005年、35歳のときのこと。健康診断で子宮頸がんが見つかり、さらに検査を重ねるなかで、慢性骨髄性白血病が判明しました。

出産を考えていた時期でもあり、「女性としての夢を絶たれた」と絶望したSatokoさんでしたが、病気の仲間と「がんカフェ」などで語り合ううちに少しずつ癒され、次第にギターを手に、人前で歌うようになっていました。

もともと大学で作曲を学び、作曲家として活動していたSatokoさん。人々と集まり、心を通わせるのに、「音楽」をコミュニケーションに用いるのは自然の選択でした。最初は小さな集まりから始まり、だんだんとその場が大きくなっていったといいます。

「音楽の力」を感じながら

Satokoさんは2015年から、長期療養の子どもらを歌で励まそうと活動する特定認定NPO法人「スマイリングホスピタルジャパン」のアーティストとして全国を回っています。病棟では、寝たきりの人が歌に反応を示すなど、「音楽の力」を実感することも多いそうです。

そんなSatokoさん自身も、今では慢性骨髄性白血病が寛解しているとのことです。

Satokoさんのコンサートの様子をもう少し見たい、という方に向けて、約1分の動画も編集しました。こちらでは、オリジナル曲も少し長めに聴けますよ。

Special動画

イッツ君
CD作品もいくつか出しているよ。詳しくはSatokoさんのホームページで!
趣味は自転車なんだって。毎日のように、西東京市~多摩湖を往復しているそうだよ!
レッツちゃん
ザッツ君
宮古島とのかかわりも深いSatokoさん。代表曲「宮古の風」は、島でふっと湧いてきた歌なんだって。

データ

Satokoさん

◎ホームページ http://www.nadyamusic.com/

 

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.