アーカイブ・記録 イベント

パーキンソン病に負けず、染物創作

更新日:

小平の染色工房で創作する渡辺新吉さん

※編集部注:このイベントは終了していますが、注目が高かったため、しばらく掲載します。

西東京市在住の作家・渡辺新吉さんが、9月19日(木)から23日(月・祝)まで、埼玉県川越市にある「川越・服部民俗資料館」で、創作仲間と共に作品展「川越逍遥—染客万来」を開きます(※2019年)。川越の街並みを描いた染色作品などを展示予定です。

若手アーティストの登竜門といわれる「ART BOX大賞展」に3年連続で選ばれたほか、二科展などへの出品歴がある渡辺さんは、10年ほど前に若年性のパーキンソン病を発症し(診断されたのは2012年)、現在はホーン・ヤールの重症度で3度という症状を抱えながら、創作を続けています。

まずは、渡辺さんの作品をご覧ください。(※前半の作品は筒描で、今回の作品展には出品しません。後半の作品は出品予定)

15秒動画


渡辺さんが染色と出会ったのは、1994年。東京造形大学で油絵を学び、日本画にも興味を持っていた渡辺さんは、作風を広げようと、小平市花小金井にある染色教室「麻生工房」に通い出します。そこで染色の奥深さに魅了され、これまで、筒描や型染めなど、さまざまな技法にチャレンジしてきました。

その作品の特徴は、デッサン力に裏付けられた明瞭な構図と、多彩な色彩にあります。これまでは沖縄やフィリピンなどを好んでテーマにしてきました。

「染物というと着物や帯を想像しがちですが、表現として、絵を描くものもあります。見慣れないかもしれませんが、ぜひこの機会にご鑑賞いただければ」

と渡辺さん。今回の作品展では、「どのように色を付けているのかなど、創作工程を想像しながら鑑賞してほしい」と話します。

駆け足ですが、創作の工程をご解説いただきました。

15秒動画

創作にのめりこむ渡辺さんですが、上述の通り、パーキンソン病と闘いながら創作活動をしています。現在の症状は、転びやすく、日常生活にも支障が出るレベルです。2年前には脳の手術も受けており、以降、言葉も出にくい状態になっています。体調は天候などにも左右されやすく、創作は薬が効いているときに集中して行っています。

そんな苦しい胸のうちを、特別に語ってくださいました。1分32秒のロングインタビューでお届けします。ぜひ、最後までご覧ください。

Special動画

そんな渡辺さんですが、その創作は、仲間に支えられてもきました。染色指導を行ってきた「麻生工房」主宰の麻生芬さんほか、今回の作品展に共に出品する創作仲間の粟津京子さん、床井薫さん、中美恵子さんに、一言ずつコメントをいただきました。こちらもロングバージョンで公開します。

Special動画

作品展は9/19~23に、川越で

作品展「川越逍遥—染客万来」は、9月19日(木)から23日(月・祝)まで、「川越・服部民俗資料館」で開かれます。

午前11時から午後5時(23日は3時)まで。渡辺さんと、5人の作家の作品が展示されます。型染め、絞り、筒描など、さまざまな作品が並ぶのが見どころの一つです。

 

イッツ君
渡辺さんは、「言葉が出にくくてすみません」と恐縮しながらインタビューに応じてくださいました。
作品からも、優しく真摯な性格が感じられるね。
レッツちゃん
ザッツ君
デザイナーとして仕事もしているそうだよ。

 

取材者メモ

渡辺さんは、生まれ故郷(静岡県)の町おこしの活動にも参加しているそうです。西東京市の暮らしにおいても、カメラを持ち歩き、町を観察することを意識しているとか。身近なものを大切にしようとする姿勢に共感を覚えました。

ちなみに、インタビューで着用していたTシャツは、富士山をイメージしたもの。4人共同のインタビューで左側の女性2人が着ていたTシャツは、渡辺さんのデザインによるものです。(イッツ取材班)

データ

◎作品展「川越逍遥―染客万来」

会期:9/19~23

会場:川越・服部民俗資料館(川越市幸町6-8)

入場:無料

電話:049-222-0337

リンク:小江戸観光協会(下)

川越逍遥・染色作家作品展~染客万来~

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.