店・企業・医療

中将山 大仙寺

投稿日:

開山400年以上の日蓮宗の古刹

小平市上水南町にある「中将山 大仙寺」は、文禄4年(1595年)に正善院日堂上人によって創建された日蓮宗の仏寺です。

当初は江戸八丁堀での布教に始まり、正保元年(1644年)に浅草八軒寺町(現台東区寿)に寺領を移します。これが小平市の現在地に移されたのは、昭和20年(1945年)の東京大空襲での焼失のためです。

現在地で再建されたのは、昭和23年(1948年)のこと。今の様子をご覧ください(※本堂の補修中に取材)。

15秒動画

寺名は、開祖・日堂上人が仏門に入る前に中将位にあり、大仙と号していたことに由来します。

浅草に本堂があった時代、この寺から宗門最高寺院の貫首などが多数輩出されたことから、「出世寺」とも呼ばれていたそうです。

なお、現在の本堂裏の墓地には、江戸末期の有名な浮世絵師、歌川国芳のお墓もあります。

イッツ君
日蓮宗の仏寺だけど、宗旨宗派不問の永代供養墓なども設けているよ。気になる方は、取材ページがあるから見てみてね。
浅草では、子安鬼子母神の守護寺として庶民の信仰を集めていたそうだよ。
ザッツ君

データ

中将山 大仙寺

◎042-321-0755

◎小平市上水南町2-11-20

◎リンク http://daisenji.or.jp

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.