トピックス

多摩六都科学館カフェで「昆虫食」

更新日:

コオロギパフェとヴィシソワーズ

※このイベントは終了していますが、話題になった記事のため、しばらく掲載を継続します。

多摩六都科学館内のカフェ「六都なおきち」が、9月1日までの期間限定で「昆虫食」のメニューを提供しています。同館が開催している「大昆虫展」に連動した企画です。

提供するメニューは2品。一つは、人気のソフトクリームを添えた「コオロギパフェ」(880円)。もう一つは、夏にぴったりの冷たいスープ「昆虫クルトンのヴィシソワーズ」(500円)。どちらも1日10食限定です。

食材は、店主自ら都心を回り、「これなら」と安心して使えるものを選んだそうです。まずは、店内の雰囲気からご覧ください。

15秒動画

さて、肝心の提供メニューのほうですが、コオロギパフェは、コオロギの粉末を混ぜたチョコレートブラウニーやミルクアイスを用いたもので、アイスクリームの甘さとチョコレートの苦みがマッチしているのが特徴です。昆虫食デビューの方は、このパフェからが無難です。トッピングされているオケラ、バッタ、コオロギは、思い切って口に放り込みましょう! コオロギパフェの映像はこちらから。こちらは40秒ほどのスペシャル映像で。店主の佐藤うららさんの解説付きで、どうぞ!

Special

もう一品、「昆虫クルトンのヴィシソワーズ」は、サムネイル画像をあえて案内ポスターにしました。「虫は苦手!」という方は、下の動画は見ちゃだめです。結構グロテスクです。……が、苦手意識のない方、(あるいは得意じゃないけど好奇心を抑えられないという方)は、ぜひご覧ください。こちらも約1分のスペシャル映像で!

Special

今回、同店が昆虫食メニューを提供するのは、注目を集めている昆虫食に出会ってほしい、との願いがあるようです。店主の佐藤さんは「今は、嫌がる人が多い昆虫食ですが、何年か後には『あのときは、嫌がっていたよね』と笑い話になっているはずと思っています」と話します。

実際、昆虫食は世界的に注目されており、2013年には、国連食糧農業機関が、「世界の食料危機の解決のために栄養素が高い昆虫類の活用を推奨する」という報告書を出しているそうです。

そんな趣旨から同店では、”おいしい食材”として、昆虫を用いています。

最後に、お店の方たちから明る~いメッセージ。

15秒動画

イッツ君
実食レポートも掲載しているよ。当サイト代表者が味わいました! ページはこちらから!

取材者メモ

「六都なおきち」は、田無駅そばにある「田無なおきち」の姉妹店で、2017年にオープンしています。地元野菜をふんだんに使った料理など、地域性にこだわっているのも特徴です。科学館との連携で、「大人のハーブ部」などのワークショップにも取り組んでいます。

お店の詳細はホームページをご参照ください。https://tanashi-naokichi.com/rokuto-naokichi/

データ

昆虫食、実食レポート

 

ロクト大昆虫展、9月1日まで

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.