イベント

多摩六都科学館プラネタリウム「中国星座」

投稿日:

キトラ古墳の中に入ったような光景が!

多摩六都科学館のプラネタリウムで、10月1日から、新番組「中国星座〜キトラ古墳・高松塚古墳に残された星座たち」(生解説)が上映されます。

奈良県明日香村にあるキトラ古墳と高松塚古墳の壁画とともに、中国で発展した星座や思想を紹介するというプログラム。

今年7月に国宝に指定されたキトラ古墳の壁画を投影する場面もあり、さながら、キトラ古墳の中に入ったような光景を目にできます。

多摩六都科学館のプラネタリウムは、肉眼ではとらえられない星を映し出せるほどの高精細を誇ります。また、高精細プロジェクターによる鮮明な映像も映すことができます。ドームで見せる壁画の画像は、一見の価値があります。

投影のごく一部を、特別に撮影させていただきました。キトラ古墳の壁画の映像です。超高感度で撮影しているため、画像は粗いですが、ご容赦ください。

15秒動画

多摩六都科学館のプラネタリウムの魅力の一つが、「生解説」です。

今回の番組では、キトラ古墳の壁画に描かれた各方角にある青龍(東)、朱雀(南)、白虎(西)、玄武(北)などを解説してくれるほか、天井に描かれた28宿などの中国の星座について教えてくれます。

7月にキトラ古墳の壁画が国宝になったこともあり、ギリシャ神話などを紹介する普段のプラネタリウム解説とは違う視点で企画したとのことです。

解説員の一人で、多摩六都科学館天文グループの齋藤正晴さんに企画意図をお聞きしました!

15秒動画

イッツ君
壁画の星の位置は、実際の星と合致するんだって。すごいよね。
修復していないキトラ古墳の壁画が投影されるから、ものすごくリアル。盗掘の跡なども残っているよ。
レッツちゃん
ザッツ君
11月27日には、中学生以上を対象に、さらに詳しい特別番組があるよ!

 

ポイント

多摩六都科学館「中国星座〜キトラ古墳・高松塚古墳に残された星座たち〜」

◎10月1日(火)〜

◎平日は午後3時50分〜 (水曜日のみ午後1時10分〜も ※11月27日を除く)

土・日・祝日は午後1時10分〜と3時50分〜

◎入場料など https://www.tamarokuto.or.jp/guide/

◎月曜休館(祝日は開館し、翌日休館)

◎公式ホームページ https://www.tamarokuto.or.jp/

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.