まち案内

小平市平櫛田中彫刻美術館

更新日:

近代彫刻の巨匠の晩年の住まいを公開

 (※編集部注:このサイトは5月25日に「タウン通信」のサイトに移行します)

小平市平櫛田中彫刻美術館は、近代日本彫刻の巨匠・平櫛田中が晩年に暮した住まいに隣接して設置された美術館です。

代表作の一つ「鏡獅子」などを常設展示する一方、年に4回の企画展を実施し、2年に1度は大掛かりな特別展も行っています。作品やテーマを替えながら、さまざまな形で平櫛田中の魅力を紹介しています。

美術館と隣接する家屋は平櫛田中が98歳から107歳までの10年間を暮した実際の住まいで、一般公開されています。田中が起居した部屋のほか、アトリエを覗くこともでき、巨匠の暮らしを感じることができるのが特徴です。

また、この邸宅は庭も特徴的で、田中が愛した梅の木を中心におくこの庭園では、年に数回、お茶会やコンサートなどのイベントも開かれます。

美術館と邸宅を、1分26秒の動画にまとめました。同館の学芸員・藤井明さんによる解説入りです。ぜひ最後までご覧ください。

Special動画(1分26秒)


イッツ君
美術館では折々イベントや企画を実施。このサイトでもそのつどお知らせするよ!

ザッツ君
玉川上水が気に入ってこの地を選んだという田中。見学の際は併せて玉川上水を歩くのもいいね。

ポイント

平櫛田中彫刻美術館

◎小平市学園西町1-7-5

◎火曜休館(祝日は開館しその翌日休館)
(作品入れ替えで臨時休館の場合あり)

◎午前10時〜午後4時

◎300円 (小中学生150円)
(※団体料金あり)

◎042-4341-0098

http://www.city.kodaira.tokyo.jp/dencyu/

巨匠・平櫛田中の孫、弘子さんにインタビュー

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.