特集

巨匠・平櫛田中の孫、弘子さんにインタビュー

投稿日:

家族の目から見た彫刻家・平櫛田中とは

98歳で小平市に移住し、107歳で逝去した近代日本彫刻の巨匠・平櫛田中。その邸宅はいま、小平市平櫛田中彫刻美術館として一般公開されています。

その邸宅に田中と共に暮らし、今は、同美術館の館長を務める、実の孫の弘子さん。

生涯現役で厳しい芸術の道を生きたと言われる平櫛田中ですが、孫の目から見たその姿とはどのようなものなのでしょうか。

田中が愛した庭園を前に、2019年秋、小平に移った理由や生前の暮らしぶりなどを語っていただきました。

特別編集による約15分のロング動画です。ぜひ、じっくりとご覧ください。

Special動画

イッツ君
美術館についてはこちらからチェックを! 住まいも紹介しているよ。
家族から作家の裏話を聞くと、作家や作品の見方も変わってくるね。
レッツちゃん
ザッツ君
この邸宅ではイベントなども折々実施しているよ。「イッツ」でも紹介しているからチェックしてね。

ポイント

平櫛田中彫刻美術館

◎小平市学園西町1-7-5

◎火曜休館(祝日は開館しその翌日休館)
(作品入れ替えで臨時休館の場合あり)

◎午前10時〜午後4時

◎300円 (小中学生150円)
(※団体料金あり)

◎042-4341-0098

◎ホームページ https://www.city.kodaira.tokyo.jp/dencyu/

小平市平櫛田中彫刻美術館

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.