トピックス

昭和20年代の小平、デジタルアーカイブで

更新日:

写真家撮影の1500枚が新たに加わる

小平市図書館では、小平市史や写真資料などを「こだいらデジタルアーカイブ」としてウェブサイトで公開しています。

このたび、そのアーカイブに、昭和24年から31年までに撮影された写真約1500枚が新たに加わりました。

約1500枚を撮影したのは、写真家・飯山達雄さんです。横浜生まれの飯山さんは昭和23年から31年まで小平に暮らし、その後、南米に渡るなどして、世界各地の写真を残しました。平成5年に亡くなられています。

小平に移住して青梅街道沿いの田畑に心引かれたという飯山さんは、「この光景を今のうちに記録しなければ」と、風景や風習にレンズを向け続けたそうです。そうした撮られた写真は、平成元年に飯山さんから市図書館へ寄贈されました。「多くの市民に見てほしい」との思いがあったそうです。

同市図書館ホームページから誰でも閲覧できます。

写真のごく一部を、図書館から拝借しました。かつての小平の風景をご覧ください。

15秒動画

イッツ君
プロの写真だけあり、メディアに貸し出すことも多いそうだよ。
貴重な記録だね。ネットで誰でも見られるというのはありがたいね。
レッツちゃん
ザッツ君
飯山達雄さん写真のページはこちらから!

データ

小平市図書館デジタルアーカイブ

◎ホームページ https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/1321105100

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.