トピックス

東久留米でダイヤモンド富士 写真家がカレンダー配布も

更新日:

※編集部注 時期が過ぎましたが、延長して掲載しています。

12月20日前後に、駅から絶景

例年12月20日前後は、東久留米駅周辺からダイヤモンド富士が望めます。

ダイヤモンド富士は、富士山の山頂に夕陽が重なる現象です。

この時期は例年、大勢の写真愛好家などでにぎわいますが、とりわけ名スポットとして知られるのが、「関東の富士見百景」にも選ばれている東久留米駅の「富士見テラス」です。ここからは、駅から延びる「まろにえ通り」の延長上に富士山が望め、夕陽のときは、周辺のビル群と絶妙のコントラストを見せます。

地元の風景を撮り続ける写真家・高橋喜代治さんは、毎年、ダイヤモンド富士を撮影しています。3年ほど前からは、東久留米から望む富士山の写真を用い、私費でカレンダーを製作して無料で配布しています(数量限定)。

今年(2019年)は2020年のカレンダーとして朝焼けの富士山の写真を採用しました。このカレンダーは、12月20日頃、富士見テラスで無料配布の予定です(なくなり次第終了)。

高橋さん撮影のダイヤモンド富士、2020年版カレンダーを、15秒動画で紹介しています。美しい景色、ぜひお楽しみください!

15秒動画

イッツ君
ダイヤモンド富士の時期、イトーヨーカドーの屋上も特別に開放されるよ。
カレンダーは数量限定。欲しい人はお早めに、富士見テラスへ!
レッツちゃん
ザッツ君
地域の魅力を知ってほしいと製作したカレンダーだよ。

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.