サークル・団体

東久留米のサークル「歩こう会」

投稿日:

12年で1688キロを踏破 300回記念パーティーも開催

「元気で歩こう会」は、東久留米市を拠点として、毎月2回、市内外の散策を行っています。

発足のきっかけは、代表の力久俊治さんが、市健康課主催の市域のマップづくりに参加したこと。「町を歩こう!」の趣旨に賛同し、自ら実践したいと、20073月に第1回の「歩こう会」を開催。以降、第2木曜日と第3土曜日を開催日とし、雨天時以外は暑くても寒くても実施してきました。

12年を経て、2019年711日には300回を達成。これまで、第1回の「氷川台小山台遺跡公園」から第300回の「落合川南沢湧水群」までで計1,688kmを歩き、延べ9,800名の参加があったとのことです。

これを記念して、8月8日には、会員65名が出席しての記念パーティーも開催されました。パーティーの様子と併せて、力久代表のコメントをお聞きください。40秒のロングバージョンで掲載しています。

Special動画

歩くことの利点はたくさんあります。健康維持はもちろん、仲間が増えることや、地域を知ること、四季の移ろいを感じること等々。

同会では、「賛同者が増えてほしい」「もっと歩くことや地域の魅力を知ってほしい」との思いから、300回記念の節目に、冊子も作りました。市内の見どころなどを写真豊富に紹介する冊子で、単に会の記念誌にとどまらず、市のガイドマップの要素も持っています。なお、この冊子は、東久留米市や西東京市等で発行する地域紙「タウン通信」が編集サポートをしています。

冊子は、会員に配布したほか、東久留米市図書館にも寄贈したそうです。冊子の一部を、15秒のスライドショーでパラパラとお目通しください。

15秒動画

 

イッツ君
300回は通過点。同会では、まだまだ歩くぞ! と張り切っているよ。
市内だけでなく、東京湾まで歩きに行ったりしているんだってね。
レッツちゃん
ザッツ君
会員をいつでも募集しているよ。詳しくはこちらへ。

取材者メモ

2回のうち1回は市内を、1回は市外を、と各回ごとにテーマを決め、バラエティーに富んだコース設定をして、マンネリ化しないように工夫しているそうです。

自由参加で、「朝起きて元気だなあ」と思ったら参加する、という敷居の低さが、会の継続の秘訣だと感じました。

同会では、ウォーキングを記録した写真と文を葉書大に印刷したものを参加者に配っており、会員のモティベーションを高めています。(イッツ取材班)

 

メモ

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.