特集

東久留米総合高校サッカー部、「選手権」へ

投稿日:

8年ぶり、5度目の出場

都立東久留米総合高等学校サッカー部が、8年ぶりに、冬の全国高校サッカー選手権大会への出場を決めました。

都立校が勝ち抜くのは容易ではありませんが、その快進撃を支えたのは、今年のキーワード「ONE TEAM」といえそうです。

OBに中村憲剛選手ら

同校サッカー部は、前身の久留米高等学校から数えると通算4度の「選手権」出場歴がある強豪です。

OBに元日本代表・中村憲剛選手(川崎フロンターレ)や、ワールドカップでも試合を裁いた元審判員の岡田正義さん、また、志村けんさんらがいます。

今回は8年ぶりの出場です。チームの強さの理由として、2年前から指揮を執る加藤悠監督は「メンバーの仲の良さ」を挙げてくれました。

「能力的には去年のほうが高かったのですが、勝てませんでした。その卒業生の一人がこのチームを見て、『やっぱり団結が大事ですね』と口にしたのが印象的でした」

と、加藤監督は話します。

選手自身、団結を意識していて、今年流行語にもなった「ONE TEAM」を呼びかけあったりしたそうです。

個々の差をチーム力で埋める

団結を重視する背景には、都立校ゆえのハンディも関係しています。

中学時代に優秀な選手たちはスポーツ推薦がある私立校に集まりやすく、また、練習環境にも差があります。例えば都立東久留米総合高校の場合は、同校には定時制課程があるため、午後は6時までしかグラウンドでの練習ができません。

そうしたことからどうしても埋められない個々の能力差を、団結力、チーム力でカバーしています。

空色のユニフォームに憧れて

そんな同校には、「都立のここでサッカーをしたい」という生徒が集まってくるそうです。

部長の岩田蓮太選手、主将の下田将太郎選手の二人は「空色(スカイブルー)のユニフォームに憧れていました」と口をそろえます。

同校は地域とのつながりを重視し、地域に人工芝のグラウンドを開放することも多いことから、子どもの頃にここでボールを蹴ったという経験がある選手たちが少なくないそうです。

ちなみに、二人が語ったスカイブルーのユニフォームの胸部には、ペガサスのワッペンがあります。これは、「天高く青空を飛ぶ天馬」を表しています。

「とにかく1勝」

今回、5度目の「選手権」挑戦となる同校ですが、実は選手権では1度も勝ったことがありません。

そんな彼らに、大会への思い、目標などを聞きました。少し長めの3分8秒の動画でどうぞ!

Special動画(3分08秒)

イッツ君
初戦は12月31日、午後0時5分から、味の素フィールド西が丘で、草津東高校(滋賀県)と!
同校の男子生徒の7割くらいがサッカー部に入るんだって。部員総数は230人以上だよ。
レッツちゃん

ポイント

東京都立東久留米総合高等学校

http://www.higashikurume-sogo-h.metro.tokyo.jp/

◎サッカー部公式 https://kurume-football.net/

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.