トピックス

清瀬市みつばちプロジェクト

更新日:

市役所屋上で養蜂、ハチミツで地域活性化

 (※編集部注:このサイトは5月25日に「タウン通信」のサイトに移行します)

清瀬市が取り組む「みつばちプロジェクト」をご存じでしょうか?

地域活性化を目的に、市役所の屋上でみつばちを飼い、ハチミツを採取するプロジェクトです。

スタートは2014年春。任命されたのは、未経験の職員4人。

当初は「無謀だ」「予算のムダ」「なぜ市役所で養蜂?」「あぶないのではないか!?」と批判の声がうずまいたそうですが、担当者たちは手探りで挑戦を続け、初年度に40キロのハチミツを採取できました。

それ以降、うまくいった年もあれば、思わぬ事態に直面する年もあり……。試行錯誤は今も続いていますが、一方で、採取されたハチミツがふるさと納税の返礼品に使われるなど、プロジェクト自体は「市の顔」ともいえるほどに成長しています。

まずは、養蜂の様子をご覧ください。

15秒動画

このプロジェクトに当初からかかわる職員が、総務課の海老沢雄一さんです。

毎朝6時30分に来ては巣箱をチェックし、スズメバチがいれば除去しているという海老沢さん。養蜂作業の一方で、ハチミツを活用した地域活性化策にも取り組んでおり、市内の事業者をまきこんで、「きよはち」(=清瀬/ハチミツ)ブランドの製品を生み出すまでになっています。

成果や苦労を語ってくださいました。後半には、ハチミツを用いた製品もご紹介しています。少し長めの1分54秒の動画をどうぞ!

Special動画(1分54秒)

イッツ君
採取された純粋ハチミツ(Kiyohachi)は、市民まつりなどで限定販売されることがあるよ。
養蜂して以降、市内にツバメなどの野鳥の姿も見られるようになったそうだよ。生態系への好影響があるんだね。
レッツちゃん
ザッツ君
屋上だけに、夏は過酷な作業。ハチミツ一滴一滴が貴重だね!

データ

清瀬市みつばちプロジェクト

◎市ホームページ https://www.city.kiyose.lg.jp/s011/020/20190603174656.html

◎友の会申込 mitsubachiproject@city.kiyose.lg.jp


Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.