まち案内

福泉寺 (西東京市下保谷)

更新日:

「三十番神」を保管する、日蓮宗の古刹

 (※編集部注:このサイトは5月25日に「タウン通信」のサイトに移行します)

保谷駅北口からまっすぐ北に延びる通りを行くと、5分ほどで到着するのが「保谷山 福泉寺」です。福泉寺は、「下保谷村」で信仰された日蓮宗の寺。天正14年(1587年)創建とも伝えられ、「三十番神社」と呼ばれた現・天神社の別当も務めていました。

古刹らしく、境内には題目塔や馬頭観世音などが複数保存されています。全体像をスライドショーでご確認ください。

15秒動画

現在、福泉寺は、地域の信仰を伝える「木彫採色三十番神神像」を保存することでも注目されています。

市の指定文化財でもある三十番神神像は、女神を含む33体の神像を納めたもの。江戸時代後期作とみられる木彫で、鮮やかな彩色が特徴です。厨子に納められており、大事にされてきたことがわかります。

この三十番神神像は、もとは、現在の天神社の前身にあたる「三十番神社」で祀られていました。それが福泉寺に移ったのは、明治元年の神仏分離令および法華三十番神禁止によるものです。福泉寺が同神社の別当だったことから、三十番神がここで保管されることとなりました。

なお、三十番神は、30柱の神々が1か月を毎日交代で守護するという信仰で、特に中世の日蓮宗で重んじられました。当地が生んだ民俗学者・高橋文太郎の記録では、明治元年の法華三十番神禁止から70年たった昭和10年に、番神講の御奉謝(おびしゃ)が厳粛に行われていたことを記しています。それだけ、三十番神が地域で大切にされてきたということが分かります。高橋孝さんの解説です。三十番神神像の写真は、市資料から拝借しました。

15秒動画

 

イッツ君
禁止されたものを大切に保管してきたところに、信仰の深さが見えるね。
天神社についても取材しているよ。記事はこちらから!
レッツちゃん

 

データ

福泉寺

住所:西東京市下保谷3-11-17

電話:042-421-5171

市文化財

http://www.city.nishitokyo.lg.jp/enjoy/rekishi_bunka/bunkazai/shishitei/sitei30.html

 

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.