まち案内

西東京市・下保谷四丁目特別緑地保全地区(旧高橋邸)

投稿日:

かつての豪商の住まいを「保存地区」に

保谷駅北口・あらやしき公園北側にある「下保谷四丁目特別緑地保全地区」は、「高橋家」というかつての豪農の住まいを市が買い取った「保存地区」です。

現在、この保存地区は市民ボランティアの手で管理され、年に数回、文化イベントや紅葉ライトアップなどで一般公開されています。

まずは屋敷の全景をご覧ください。

15秒動画

この保存地区の特徴は、平屋の屋敷を覆うような豊かな「屋敷林」にあります。屋敷林は、水が乏しく、風も強く吹いた武蔵野一帯では、家屋を守るために不可欠のものでした。さらに人々は、そこから薪を取り、落ち葉を肥料にし、材木を得るなどしていました。

生活環境が変わり、現代の生活では屋敷林は必要ではなくなっていますが、宅地化の進む中で、今では緑地保全の観点からその存在が重要視されています。屋敷林ではさまざまな草木が茂り、動植物が生息・飛来しています。

屋敷林について、ボランティア団体「高橋家屋敷林保存会」代表の高橋俊郎さんからご解説をいただきました。雨模様の日の撮影でしたが、緑の豊かさを感じていただけるはずです。

15秒動画

この保存地区は、通常は一般公開されていませんが、屋敷林の一角で市民の手で作られている「野草園」だけは、毎週金曜日の午前中のみ公開されています。見ごろは春だそうです。野草園について、高橋さんにご解説いただきました。

15秒動画

最後に、特別映像として。

現状では公開されていない屋敷の中を撮らせていただきました。こちらは早送りの15秒で編集しています。少々あわただしいですが、下保谷の豪商の住まいをご覧ください。

15秒動画

 

イッツ君
保存会会長の高橋俊郎さんは、この場所の魅力を伝える写真集を作っているよ。取材したので、こちらも見てね。記事はこちら

 

データ

◎下保谷四丁目緑地保全地区

住所:西東京市下保谷4-7-4

市ホームページ

https://www.city.nishitokyo.lg.jp/sisetu/koen_ryokuti/yasouen.html (野草園)

https://www.city.nishitokyo.lg.jp/siseizyoho/about/toushintokuryoku.files/pannfu.pdf (PDFパンフレット)

 

 

 

 

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.