トピックス

郷土史の朗読劇に「クラウドファンディング」スタート

投稿日:

俳優・佐藤俊介さん、御門訴事件をテーマに

郷土史をテーマにした朗読劇にご支援を――。

企画会社「おらがまち工房」が5月に御門訴事件を朗読劇で演じる計画を立てており、その運営費をクラウドファンディングで募っています。代表の佐藤俊介さんは「郷土の歴史を伝えていくことに、ぜひ地域の方々に参加してほしい」と呼びかけています。内容の詳細は下記にまとめていますが、佐藤さんからのコメントが届いているので、まずはこちらをご覧ください。

15秒動画

5月10日に、地元の劇団員らと上演 

今回企画されている朗読劇は、この地域の劇団関係者など約10人で「御門訴事件」を演じるものです。5月10日に、御門訴事件の舞台にもなった真蔵院で上演されます。

企画した「おらがまち工房」は、映画「シン・ゴジラ」や舞台作品などへの出演歴がある俳優の佐藤さんが主宰する団体で、各地の郷土史をテーマに朗読劇を行っています。佐藤さんの出身地でもある山形県中山町の明治期のエピソード(水路開削)を演じたのを皮切りに、これまで3作ほど披露しています。今回は、東京で何かテーマがないかと探すなかで、御門訴事件に出会ったのだそうです。

「誰でも知っている郷土史ではありませんが、今でも研究している方々がいて、史実がきちんと伝わっています。何より、民衆が立ち上がって主張をしたところに、現代に通じるメッセージがあると思います」

と佐藤さんは話します。

評価される地域の悲劇

御門訴事件は、“減税”を求めて農民たちが立ち上がった明治2年の事件で、強訴にならないよう県庁の門の外から訴えたことからこの名で呼ばれます。約50人が捕縛、少なくとも4人が獄死するという不当な弾圧を受け、悲劇として地域に伝わっていますが、一方で、後の自由民権運動につながったとも評価されています。

2月27日まで寄付募集

活動の趣旨に賛同する人々は集まっているとのことですが、運営費の課題が残っているとのことです。特に、台本を製本化する予定で、その印刷代が大きいとのこと。佐藤さんは、「台本を残せば、何度でも地元で再演してもらえるはず。きちんとした形で制作し、図書館などに寄贈したいのです」と話します。

クラウドファンディングの締切は2月27日です。

詳細は以下アドレス(https://readyfor.jp/projects/gomonso)へ

電話での問い合わせは佐藤さん(080・7993・9494)へ。

 

イッツ君
各地の郷土史に取り組む予定なんだって。面白いね。
5月10日の上演は無料だよ。投げ銭してね、とのこと。
レッツちゃん
ザッツ君
佐藤さん主宰の「おらがまち工房」のアドレスは、こちら→http://www.oraga-machi.work/

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.