サークル・団体

2019/11/6

さんぽ&自然観察の会

「身近な自然の魅力知ってほしい」と15年 東久留米市を拠点に活動する「さんぽ&自然観察の会」は、15年ほど前から年に数回、地元を歩くという活動を行っているグループです。十数人の会員がいますが、活動は年数回(最近は春秋の2回)とゆるやかに活動しています。 会の目的は、多くの人に、地元の自然の豊かさを知ってもらうこと。特に、東京都内で唯一「平成の名水百選」に選ばれた「落合川と南沢湧水群」をメインフィールドに、自然に触れる魅力を伝えています。 「なんといっても湧き水が魅力」と、東久留米市の自然について熱く語る代 ...

2019/10/2

「キラキラ人形劇団」

全国的にも珍しい、作業所による人形劇 「キラキラ人形劇団」は、障がい者福祉施設(就労継続支援施設)「リズム工房」に通う、知的・身体障がい者で結成する人形劇団です。作業所の仕事として、公演を行っています。 保育園、幼稚園、高齢者施設などに出張公演するもので、その公演数は年間約40回にものぼります。また、作業所にはミニシアターも設け、年に数回、市民などを対象に公演しています。ミニシアターと練習の風景をご覧ください。(練習の演目は「桃太郎」)。 15秒動画 「キラキラ人形劇団」が公演を事業化したのは2009年の ...

2019/8/22

保谷弦楽アンサンブル

地域に溶け込み、30年以上続く市民楽団 保谷弦楽アンサンブルは、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、コントラバスで構成する市民弦楽団です。メンバーは、中高年者を中心に約30人。まずは練習の雰囲気をご覧ください。弦楽ならではの、繊細かつ豊かな音色が魅力的ですね。 15秒動画   保谷弦楽アンサンブルの発足は約30年前。子育てでつながった主婦5人から始まり、1996年に現在の名称で活動するようになったそうです。以降は、年に1回ペースで定期演奏会を開くほか、地域の学校や施設等で慰問演奏や交流を行っています ...

2019/8/21

東久留米のサークル「歩こう会」

12年で1688キロを踏破 300回記念パーティーも開催 「元気で歩こう会」は、東久留米市を拠点として、毎月2回、市内外の散策を行っています。 発足のきっかけは、代表の力久俊治さんが、市健康課主催の市域のマップづくりに参加したこと。「町を歩こう!」の趣旨に賛同し、自ら実践したいと、2007年3月に第1回の「歩こう会」を開催。以降、第2木曜日と第3土曜日を開催日とし、雨天時以外は暑くても寒くても実施してきました。 12年を経て、2019年7月11日には300回を達成。これまで、第1回の「氷川台→小山台遺跡公 ...

2019/7/27

三重奏「Trio向日葵」

女性3人によるピアノ・チェロ・バイオリン 「Trio向日葵(トリオひまわり)」は、ピアノ、チェロ、バイオリンの三重奏楽団です。根岸幸代さん(ピアノ)、菅原然子さん(チェロ)、奥村みのりさん(バイオリン)の女性3人によるトリオで、3人とも西東京市、東久留米市を拠点に活動する演奏家です。 メディアでもご活躍中の演奏者(詳しくは、公式ホームページご参照を)ですが、地域に根付いた活動を大切にしています。乳幼児からシニアまで、ポピュラーからクラシックまでと、幅広く、柔軟に演奏するのが特徴です。 まずは、3人の演奏か ...

2019/7/16

西東京フィルハーモニーオーケストラ

一流指導者のもとで奏でる市民楽団 西東京フィルハーモニーオーケストラは、地域の公共ホール「保谷こもれびホール」が開館した1998年に結成した市民オーケストラです。 現在、約50人が参加し、年に2回の演奏会や地域での音楽活動にかかわっています。 楽団代表の西田克彦さんは「さまざまな世代が集う市民オーケストラ」だと話します。 15秒動画 オーケストラの特徴の一つは、優秀な指導者(指揮者)を招いていることです。 現在の指導者は、ブダペスト国際音楽コンクールで準優勝になったことのある実力者・和田一樹さん。和田さん ...

2019/7/31

西原自然公園を育成する会

市民協働で「かつての武蔵野の雑木林」が復活した 西東京市にある西原自然公園は、あることで有名なのですが、ご存じですか? その答えを、市と協働で公園にかかわってきた「西原自然公園を育成する会」の代表・池田干城さんが教えてくれました。 15秒動画   市と同会が行ったのは、約2万平方メートルの広い雑木林を、約20年かけて再生させたことです。 というのも、「武蔵野の雑木林」とは、本来、人の手で管理されるべきもの。江戸時代の頃、雑木林は、材木、燃料、肥料、しいたけのほだ木、防風、日よけなどと、さまざまな ...

2019/7/2

NPO法人「生活企画ジェフリー」

人権が大切にされる社会を目指して 西東京市のNPO法人「生活企画ジェフリー」は、男女共同参画を目指した取り組みや、福島第一原発事故から避難してきた人々への支援活動を行っているグループです。 火曜日夜に公民館で行っている定例会を訪ねてみました。男女共同参画などの大きなテーマに、地域で取り組む意義とは!?   詳しい拡大版(1分) イッツ君女性5人を中心に、15年以上続くグループ。仲の良さが感じられました。 グループの結束が強いからこそ、避難者への支援などが行き届くのだろうね。レッツちゃん &nbs ...

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.