アーカイブ・記録

「つむぐ展」 11月4日まで多摩六都科学館で

更新日:

※編集部注 イベントは終了していますが、延長して掲載しています。

「生きものから生まれる糸と布」テーマに

※このイベントは終了しましたが、しばらくの間、掲載を続けます。企画展の一例としてご覧ください。

 

多摩六都科学館で、生きものから生まれる糸と布に焦点を当てる企画展「つむぐ展」が、11月4日(月、祝)まで開かれています。

ヒツジ、蚕、麻などの繊維をつくる生き物の紹介や、糸ができるまでの工程、布を織り、編む技術についてなど、「糸」と「布」を多角的に紹介します。

「つむぐ・おる・あむ」を気軽に体験できるコーナーが常設されるほか、別会場で日替わりで「オリジナルキャンバスバッグをつくろう」(26日、27日=当日申し込み、材料費900円)、「もふもふな羊毛でフェルトのロリポップキャンディ風ストラップをつくろう」(19日、20日、22日、11月2日、3日、4日=当日申し込み、材料費200円)などがあります。

開催直前に公開された会場の様子です。まずは、全体の雰囲気から!

15秒動画

会場には、糸紡ぎの器具や、織り機、さらにはマイクロスコープなどがあり、過去、現在と、糸や布が私たちの生活に欠かせないことを感じさせてくれます。

来場者に向けて、企画者の研究・交流グループ、北村沙知子さんからコメントをいただきました!

15秒動画

会場の様子をもっと見たい! という方に――

もっと会場の様子を見たい、という方に向けて、42秒のロング動画も編集しました。ぜひチェックのうえ、お出かけください。

Special動画


イッツ君
編み物好きの方に特にオススメ!

会場のレイアウトは、武蔵野美術大学で教鞭を執るクリエイターの、たなはしさなえさんが担当しているよ。
レッツちゃん
ザッツ君
会場にはキッズコーナーもあるよ。

データ

つむぐ展

◎10月12日(土)〜11月4日(月、祝)

◎午前9時30分〜午後5時

◎入場料等は公式ホームページご参照を

開館時間・ご利用料金

◎公式ホームページ https://www.tamarokuto.or.jp/

Copyright© イッツ 北多摩版 , 2020 All Rights Reserved.